習い事をしながらの中学受験

習い事をしながらの中学受験

習い事をしながらの中学受験 小学校4年生くらいになると、いよいよ中学受験のことが気になってくる頃です。とはいえ、まだまだ遊びたい時期でもあり、スポーツクラブや音楽教室など、習い事とバランスよく受験勉強をしていきたいと考えている方も多いことかと思います。ちょうどその頃になると、周りの友達も進学塾に通い始めたり、中学受験に関するワードも聞く機会が増えてきて、より一層どんなスタイルがあっているのか迷い始めます。出来れば効率よく知識や受験に関する情報を仕入れたいものです。

そこでおすすめは、まず一週間の予定を時間軸に分け整理することから始めます。どうしても続けたい習い事、開けておきたい曜日などをあらかじめ把握しておくと、気になっていた塾のカリキュラムとの調整もつきやすいものです。塾選びには、周りからの口コミも大切ですが、実際に子どもと講師があっているかなども重要なポイントですので、体験入塾や外部参加ができる講習会などに積極的に足を運ぶといいです。

そして、入塾し勉強してきても、追い込みの6年生になる頃には息詰まったり、成績の伸びが緩くなってきたりすることもあるかと思います。すでに、2年間も頑張って中学受験という目標に向かって必死に勉強しているのですから、なんとか後押ししてあげたいですよね。

そのような時には、塾と併用して家庭教師にお願いするのも一案です。良い家庭教師についていただければ、マンツーマンできっちりと苦手箇所を把握でき、家庭教師と共に受験に積極的かつ前向きに進んでいくことができるからです。それぞれのご家庭に合った方法があると思いますが、第三者の力で大きな伸びを見せることができるはずです。

〔トピックス〕